物件の賃料高騰と下落|魅力あふれる賃貸物件チョイスあります|不動産サービス
住宅模型

魅力あふれる賃貸物件チョイスあります|不動産サービス

物件の賃料高騰と下落

男性

大都市圏などにおける賃貸マンションなどの物件の賃料傾向を見ていくと、一部で高騰をする物件が出つつ、他方で下落を続ける物件も多く見られます。地方では賃貸住宅の賃料の多くが下落しているのに対して、都市部ではこのように、下落傾向と上昇傾向の2つが見られます。 賃料が上昇傾向にある物件としては、タワーマンションや都心の超高級マンションといった物件は高い人気を誇っており、賃料も上昇傾向にあります。例えば都心部のタワーマンションの上階ともなれば、パーティールームや復数のベッドルームを備えて賃料で100万円を超える物件もあります。 しかし大半の物件は現状維持か下落傾向にあり、その対策からフリーレント物件も増えるなど、賃料の下落対策を行っているオーナーも多くいます。

現在の近代的な賃貸住宅の先鞭となるのが、日本では昭和一桁年代に建てられた文化アパートです。2階建てや3階建ての鉄筋コンクリートで作られた頑丈でお洒落な外観を持つアパートは、その後の集合住宅のひな形として、日本で長く使われることになります。 太平洋戦争後は極度の住宅難に陥りますが、その際にも政府主導の元で積極的なy住宅建設を企業も行い、その過程において賃貸マンションや分譲マンションといった中高層建築の住宅が誕生します。賃貸アパートも同様に積極的に建てられ、戦後の住宅難を解決するのに役立ちました。 昭和41年には借地法と借家法の改正を受けてさらに地価が高騰し、賃貸アパートや賃貸マンションの需要が増していった歴史があります。